STAFF COLUMN

家づくりの費用について注文住宅をお考えの方に解説します!

「注文住宅の費用には何が必要なのかわからない」
「資金計画の立て方がわからない」
このように、注文住宅の費用に関してお悩みの方は多いでしょう。
そこでこの記事では注文住宅で必要になる費用の内訳と資金計画の立て方、費用を削減するコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

■注文住宅の費用の内訳は?

注文住宅を建てるためには主に「土地の購入費用」「建築費用」「諸費用」の3つの費用が必要です。
それぞれの費用について詳しく解説します。

1つ目は土地の購入費用です。
注文住宅を建てるのに必要な費用の大部分を占めるのがこの費用です。
特に都心部で注文住宅を建てる場合には土地の購入費用が高額になる傾向があります。

しかし、すでに土地を所有している場合にはこの費用は必要ありません。
ただし、その土地の地盤が弱かったり、整備されていなかったりすると土地の改良費用が必要になることがあります。

2つ目は建築費用です。
これは建物本体の建築費用で、基礎工事や外装工事、住宅機器設備工事など建物の完成に必要な費用が全て含まれています。

3つ目は諸費用です。
一戸建てを取得するには、その土地や建物の所有者を明確にしなければなりません。
そこで行うのが登記です。
不動産登記をする際には登録免許税や司法書士報酬、登記事項証明書取得費用のような出費が必要です。

 

■資金計画の立て方を3ステップでご紹介!

資金計画を立てる3ステップは「自己資金を洗い出す」「住宅ローンの借入金額をイメージする」「月々の返済額を決める」です。
それぞれのステップを詳しく解説していきますね。

1つ目のステップは自己資金を洗い出すことです。
第一に考えるべきなのが、「どれだけの自己資金を用意できるのか」ということです。

では具体的にどのようにして洗い出せば良いのでしょうか。
まずは現在の貯蓄がどれだけあるのかを把握して、将来必要になる出費を差しひきましょう。
そして親や祖父母、親族からの援助を受けられるのかを確認しましょう。

貯蓄の全てを注文住宅に充ててしまうと、将来不測の事態が起こったときに対応できません。
また、将来の教育費や介護費も必要でしょう。
これらのことを考えて残しておくべき貯金には手をつけないようにしましょう。

2つ目のステップは住宅ローンの借入金額をイメージすることです。
次はどのような家を建てたいのかをイメージし、大体の予算を把握しましょう。
そして住宅ローンの借入金額がどれだけ必要なのかを計算します。

3つ目のステップは月々の返済額を決めることです。
全体の費用がイメージできたら、次は月々の返済額を考えていきましょう。
ここで注意するべきなのが返済額の負担を大きくしすぎないことです。
日々の貯蓄や将来的に発生する出費を考えて、返済金額や方法を決めていきましょう。

また、自己資金は住宅ローン融資前に発生するお金の支払いにも必要です。
そのため、自己資金を全て頭金に充てられると考えるのではなく、支払金と頭金に分けて考えましょう。

 

■予算を削減するコツとは?

予算を削減するコツは「建物の形状をシンプルにする」「設備のグレードを見直す」「造り付け家具をやめる」の3つです。

まずは建物の形状をシンプルにすると良いでしょう。
建物の形状がシンプルだと、施工が比較的簡単になり材料費や人件費を削減できるからです。
逆に形状が複雑な建物は建てるのにコストがかかってしまいます。

ただし、屋根の形は日当たりや風通し、デザインを考慮して決めるようにしましょう。
コスト削減も重要ですが、あまりにそちらに気を取られすぎると快適性が低下してしまうので注意です。

次は設備のグレードを見直してみましょう。
注文住宅は人生でそれほど経験することがありませんから、どうしても満足のいくものにしたいですよね。
しかし、あまりに張り切りすぎて全ての設備を最高グレードにしようとする方がいらっしゃいます。

確かに住まいの性能は非常に高くなりますが、おそらく予算を大幅にオーバーしてしまうでしょう。
どこにお金をかけてどこにお金をかけないのか。
優先したい設備を明確にすると良いでしょう。

また、設備のグレードだけではなく、設置する数も考え直すとコスト削減につながりますよ。

最後は造り付け家具の導入を検討しましょう。
造り付け家具とは、間取りや収納したいアイテムのサイズに合わせて作られる家具です。
使用する材料にもよりますが、現場で加工することが多いため、人件費が高くなりがちです。

どうしても間取りにあうように家具を使いたいなら、置き家具のサイズに合わせてプランニングするという方法もありますよ。

 

■まとめ

今回は注文住宅の費用の内訳と資金計画の立て方、予算を削減するコツをご紹介しました。
当社は山梨県全域にお客様の満足していただけるような住まいを提供しております。
「いつまでも快適で安全に暮らせる住まいを作りたい」
そんな方はぜひお気軽に当社にご相談ください。

イシベ

  1. この記事へのコメントはありません。

※日本語が含まれない投稿は送信できませんのでご注意ください

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.
Inter Deco Haus

0